新聞記事に掲載されました。【TATERUの改ざん問題】

こんばんは。URUFU(ウルフ)の西村です。
被害相談の件数が想定以上で、全国で個別面談を行っておりました。

中国新聞社の掲載

西京銀行、TATERU改ざん問題の掲載

2018年12月20日の中国新聞に今回の件で掲載されました。

被害者の方と個別面談をしましたが、自身がどのような状況でどのような施策を行うべきなのか、分からない方が非常に多かったです。

個別面談後に安心して帰られる方も多くいたので、お力になれたのかと思うと、それは感慨深いものがあります。

しかし、一番残念だったのが、不動産業界に対する不信感が相当なものだったことです。
私にも当初は不信感を抱いている方ばかりでした。それは仕方のないことだと思います。

TATERUに改ざんをされたのか、西京銀行との念書があるのか、まだ多くの方が自身の現状を知らない方が多くいるように感じます。

今月12月27日のTATERUの特別調査委員会は、どのように発表するのでしょうか?

今回の問題で、相談する方もおらず、悩んでいる方はお気軽にご相談(無料)ください。

不動産業界の透明化の為にこれからも頑張って行きますので、よろしくお願いいたします。

短文で申し訳ございませんが、本日はこのへんで失礼します。




西村博貴

不動産売買デベロップメント(株)代表取締役 宅地建物取引士 ソニー不動産を退職後、九州不動産業界の透明化を目指し2016年福岡県にて 「不動産売買デベロップメント」を起業。 両手仲介を行わない不動産売買の売却のみ専門に行うサービス「URUFU(売る不動産)」の運営を開始。 趣味は旨いもの探しと読書。