お客様の声から分かる。セカンドオピニオン(売却専門)の効果

こんにちは。URUFU(ウルフ)の西村です。

今回は、セカンドオピニオンからのお問い合わせ頂き無事に売却に成功した"売主様の声"を紹介させて頂きます。

【売主様プロフィール】
・40代ご夫婦(H様)
・転勤によるお住み替え

【売却物件】
・福岡県糸島市
・中古戸建て

【担当売却エージェント】
西村 博貴



お客様の声
お客様の声



セカンドオピニオンからのお問い合わせ

ウルゾー

セカンド・オピニオンってなんね?

簡単に言うと第二の意見、他社の不動産会社で売却を行っていて、不動産会社の対応に疑問もっていたり、不安をお持ちの方にアドバイスを行います。

西村
ウルゾー

患者さんが治療法について他の医師に相談するのと同じだね!

その通り!

西村

所有者の奥様から連絡がありました。
転勤後空室になった後に、大手不動産会社様にて専任媒介契約で売却中との事でした。
当初は、担当営業マンから2週間に1度の売却活動報告があったみたいですが・・・しばらくすると、報告もなくなり3週間程連絡がとれなくなったようです。

ウルゾー

大手不動産会社でもこんな対応するんだね。

担当者によります。不動産会社は媒介契約の種類によって報告義務があるんだよ。

西村
ウルゾー

へー知らんかった!

詳しくはこの記事(売主様からのセカンドオピニオン相談事例)読んでみて

西村



【H様のご相談内容】
・売却活動の報告が全くない
・根拠のない値下げ提案
・媒介契約記載の自動更新
・清掃費の請求



セカンドオピニオンの調査開始

①売却価格設定
現在の不動産会社から値下げの提案を受けていたようですが、近隣相場、成約事例、近隣の競合物件を調査しましたが、適正な売却設定価格でした。

ウルゾー

値下げしないで売却できる可能性があるってこと?

十分可能性はあります。

西村



②ネット上の見え方
現在売却中ですので、ネット上で調べました。
正直、ネット上に掲載されている写真や間取りは購入したいと思う内容ではありませんでした。


ウルゾー

物件がネットに掲載されていれば問題ないじゃないの?

今の時代は、ネット上で物件を検索するから魅力的な写真や間取りを掲載しないと、閲覧回数が増えないからお部屋も見学にきてもらえないんだよ。

西村



③情報の拡散状況
両手をメインに行っている不動産会社なので、自社のホームページでの広告がメインでしたので全く情報が広がっていませんでした。


ウルゾー

お店の窓に販売図面を貼ったり、自社のホームページに載せて売るのが普通じゃないの?

それだけでは売れる可能性は低いよ

西村
ウルゾー

そうなの?

両手取引を目指す会社は基本的に自社だけ買主をみつけるんだよ。

西村

福岡県内だけでも8000社の不動産会社があるから、1社と8,000社で買主を探すのはどっちが効率が良いかかわるよね?

西村
ウルゾー

それは明らかに違うね・・URUFU(ウルフ)はどうなの?

売却専門の片手取引だから8,000社の方だよ。

西村



両手取引、片手取引についてはこちらのブログを



URUFU(ウルフ)に売却を依頼する事に

現在依頼中の不動産会社との専任媒介契約の期限が切れた後にURUFU(ウルフ)で売却を開始する事になりました。
そこで、H様に媒介契約の期間をお尋ねすると、専任媒介契約の期限が自動更新がなっていました。

ウルゾー

自動更新はだめなの?

宅建業法上、自動更新は禁止されています。

西村



H様から不動産会社に連絡して頂いて無事に専任媒介契約を解除する事ができました。
しかし、専任媒介契約を解除すると、不動産会社から清掃代として高額な金額を請求されたようです。

ウルゾー

Hさんは、事前に清掃代の事は説明されていたの?

全く聞かされていなかったようです。

西村



この後、私の方からH様にアドバイスし、不動産会社に交渉した結果お支払いしなくて済みました。



URUFU(ウルフ)で無事に成約(まとめ)

専任媒介契約を締結後に写真撮影・間取り作成を行い福岡県内8,000社に情報を広げました。
すると、2か月程で、5組程の内覧が入り1組の方から無事にお申込みが入り成約致しました。

ウルゾー

そんなにすぐ成約できたの?

片手取引の効果だと思ってます。

西村
ウルゾー

Hさんは喜んでた?

契約の時に初めてお会いしたけど、ご夫婦で喜んで頂いてもらいました。

西村
ウルゾー

え!初めて会ったの?大丈夫だったの?

県外にお引越しされていたからね。メールと電話で連絡とっていたから大丈夫だよ。

西村



今回のご売却は、奥様と私とで行いました。
内覧のご報告、近隣の競合物件情報、今後の売却戦略等をメール、電話で連絡し、コミュニケーションをとり信頼関係を築く事ができたので気持ちの良い売却活動ができました。

無事に成約できたのは、奥様の協力があった事が一番の要因です。

H様、福岡に来られた際は、オフィスに遊びにこられてくださいね。



西村博貴

不動産売買デベロップメント(株)代表取締役 宅地建物取引士 ソニー不動産を退職後、九州不動産業界の透明化を目指し2016年福岡県にて 「不動産売買デベロップメント」を起業。 両手仲介を行わない不動産売買の売却のみ専門に行うサービス「URUFU(売る不動産)」の運営を開始。 趣味は旨いもの探しと読書。