TATERU被害者の方からの改ざん資料公開【第2回無料相談受付します】

こんにちは。
URUFU(ウルフ)の西村です。

先日のTATERU社の記事から約3週間が過ぎました。
多くの方にブログを見て頂いたようで、相談等色々と反響がありました。

月末という事もあって、売買契約やお引渡しでバタバタしていたので、ご返信していない方には申し訳なかったです。

近日中にご返事しますのでしばらくお待ちください。



被害者の方からの相談内容

TATERU社の担当者に提出した資料↓



実際に西京銀行へ提出された資料↓



実際に被害にあわれた方からの一部資料です。

3,951,212円が9,951,212円になってるんですね。3を9に変えて、預金600万UP・・・!!

西京銀行との念書もありましたが・・・・・・・・・。

改ざん事態ご本人は全く知らなかったようです。これは、明らかな改ざんです。

色々と相談内容をお聞きしたんですが、真面目で物腰の柔らかな方でした。

不動産業界にはかなり不信感を抱かれており、私にも不信感を持たれていた様子でしたが・・。 いままで不動産投資経験はなくTATERU社で初めて不動産投資に興味を持たれたようです。
資産に応じない過大な債務を負ってしまって、後悔されているご様子でした。

初めての不動産投資でこんな事になると、今後不動産投資はしないでしょうね。不動産業界と日本経済の損失です。

しかし、不動産投資は自己責任です。誰も助けてはくれません。ご自分で知識を付けて不動産投資を行わないと一生後悔する事になります



URUFU(ウルフ)の苦悩

私は約3年前に福岡市内で起業しました。

起業した目的は古い商慣習が行われている不動産業界の透明化。第1フェーズが不動産売買(片手仲介)の透明化です。

前職で恩人の方が、不動産透明化を目指して活躍している姿に影響を受けて起業したのですが、実際に起業してみると経営(収益)と企業理念(不動産透明化)のギャップがあって日々苦悩しました。現在進行形ですが・・・・。

三為取引・買取再販などなど儲かる方法はあるんでしょうが、芯(企業理念)を曲げずになんとか生き残っています。

口コミでようやくお仕事を頂けるようになってきました。真面目にお客様の為に仕事をし、満足して頂いてご紹介して頂くと起業して良かったと感じます。
お客様は絶対に裏切れません。

不動産透明化を図ろうと思っても、一般の方は不動産取引を頻繁に行わないので、知識がないまま大手不動産会社等に依頼し、公平な取引を行われたのかも知らずに終わってしまう方ばかりです。

URUFU(ウルフ)の最高のサービスを知らずに終わってしまいます・・・・・。

企業収益だけに走ってしまうと、いつかは淘汰されて当たり前です。
URUFU(ウルフ)は企業収益だけに走らず、起業理念を曲げずに生きの長い不動産屋になりたいと思っているので、悪い不動産屋は淘汰されないと困ります。


最近のショックな出来事は「貴乃花親方の引退」ですね。
相撲界の改革に期待していたんですが、古い慣習に負けてしまったように感じました。
負けずに貴乃花親方には復帰して相撲界とまた闘ってもらいたいです。

まだ今回の被害者の方で、今後どう対応して良いのか、わからない方もいると思います。
しかし、今しかできない事があります。必ずあります。
不動産透明化の為に、被害者の方には無償でご相談を受け付けておりますので、問い合わせフォーム又はお電話(通話料無料)でお気軽にご連絡ください。



西村博貴

不動産売買デベロップメント(株)代表取締役 宅地建物取引士 ソニー不動産を退職後、九州不動産業界の透明化を目指し2016年福岡県にて 「不動産売買デベロップメント」を起業。 両手仲介を行わない不動産売買の売却のみ専門に行うサービス「URUFU(売る不動産)」の運営を開始。 趣味は旨いもの探しと読書。