不動産業界を汚した「TATERU(1435)」【被害者の方に届きますように】不動産会社と銀行は信じるな!

こんにちは。URUFU(ウルフ)の西村です。
また不動産業界で問題発覚。不動産屋「TATERU」が銀行(西京銀行)への融資資料改ざん。不動業界のイメージを汚されて苛立ちを覚えます。



「TATERU」と「西京銀行」の練金スキームじゃないの?

下記が両社の収益です。

【西京銀行側】 年利2.55%の収益
【TATERU側】 土地・建築代金からの利益&月々5%の管理委託料


金利はスルガ銀行より金利低いですが、やってる事は変わりないですね。いつも泣くのは一般不動産投資家ばかり。

西京銀行から借入すると念書で、「ローン借り入れ中は、管理会社をTATERUから変更できない」旨の書面を取り交わされていたようです。さらに、一度でも返済を延滞したら全額返済、債権譲渡ができると言った内容が書かれているようです。債権譲渡先が怖い会社だったらと思うと・・・・。

とても酷いですね!!「TATERU」と「西京銀行」が結託してないとこんな書面を取り交わさせないでしょう。
2017年には「TATERU」が「西京銀行」の第三者割当増資(100万株)で株主になったり、2018年には業務提携をやってますね。

私の見解ですが、「TATERU」と「西京銀行」が結託してるのは間違いないでしょうね。いずれ第二のスルガ銀行になる気がしてなりません。

西京銀行サイドは、「TETERUの要望に添って対応した」と得意の逃げ回答。問題になると責任を負いたくないでしょうね。結託してないと、私みたいな中小不動産会社がこんな要望を西京銀行にしても相手にしないでしょ? 銀行も公平性をもってもらいたいです。まるでサラ金と言わざるを得ません。
融資の際の預金通帳の確認をコピーで行っているなんて、今の時代不正されるのをわかっててコピーの提出ではないの?

改ざんされるのをわかっているけど、改ざんが発覚したら当銀行は被害者的な立場。改ざんが問題にならなければ大儲け、問題になれば被害者で損害賠償請求で大儲け。どちらに転んでも大儲けみたいな感覚なんでしょうか。

これから「TATERU」と「西京銀行」の責任転嫁問題になりそうです。



株価も3日連続ストップ安



第二の被害者は株主でしょう。
高値から約75%の下落。チャートをみると上層部は情報を知ってて売り逃げてるんじゃない?と思いますよ。

インサイダーについても調査した方がいいと思います。



TATERUの営業マン

私もネット上の情報ですが、そもそも無理な事業計画をお客様に提案したり、表面利回りの数字を良くみせる為に、計算式から消費税や諸経費を控除してたようですね。

昭和の不動産屋ですか?と思いますよ。ホームページは最先端を使ってお客様を集客し、営業マンは昭和ちっくな営業マン。酷い・・・。

中途採用でゴリゴリの営業マンを採用してたんでしょうね。みなさんも営業マンのトークには気をつけてください。私も不動産営業マンですが・・。



社長の会見は?

これだけ問題になっても会見をしてないみたいですね。
私も代表者をしてますが、これだけの被害者の方がいれば一番に謝罪はしますよ。

大人の問題なんでしょうね・・・。



まとめと「TATERU」に一言

サッカー選手の本田選手をCMに使ったり、IoTアパート経営やクラウドファンディングを行ったりして不動産業界に旋風を起こしてるようですが、結局は利益主義の企業。

新しい事を業界でやったり、上場して資金を集める前に、不動産屋として公平なサービスを提供してください。利益主義で企業理念はないんでしょう。

公平にやっている私たち不動産会社「URUFU(ウルフ)」も迷惑です。

不動産業界は、書類改ざん等の悪さをすれば大儲けし株式上場。公平に取引を行っている不動産屋はいつまでたっても中小企業のままです。
大手企業含め透明性のある公平な取引を行わないと日本の不動産業界は暗いです。

一般の不動産投資家の方も営業マンの話を鵜呑みにせず、自分自身で不動産知識を付けてから不動産投資を行わないと、営業マン任せにしてると知らぬ間に自分が被害者になっていくかもしれません。

まだTATERUで購入した方は、築年数が経過していないので空室問題や大規模修繕等の問題がでていないと思いますが、問題になる前に施策をとる事をお勧めします。

当社では透明性のある公平な取引を行っておりますので、「スルガ銀行」「TATERU」で被害にあわれた、不動産投資家の方に無償でアドバイザーを行っておりますので、お気軽に、お電話(通話料無料)メールなどでご連絡ください。



西村博貴

不動産売買デベロップメント(株)代表取締役 宅地建物取引士 ソニー不動産を退職後、九州不動産業界の透明化を目指し2016年福岡県にて 「不動産売買デベロップメント」を起業。 両手仲介を行わない不動産売買の売却のみ専門に行うサービス「URUFU(売る不動産)」の運営を開始。 趣味は旨いもの探しと読書。