【賃貸物件なら誰が負担する?】エアコンが故障!?すぐに出来る対処法

こんにちは、URUFUの前川です。(^_^)

日本全国と言わず全世界的に猛暑で苦しんでいる今日この頃ですが、皆さま夏バテしていませんか!?福岡では1890年の観測開始以来、最高の38.3度を記録したそうです。



福岡管区気象台

こういった気象情報の発表は福岡管区気象台という機関が行っています。気象庁の地方版みたいな役割でしょうか。
気象のことだけでなく、桜の開花宣言に代表される植物季節観測や、ウグイスの初鳴やツバメの初見など動物季節観測なんてのも担当しています。どこにあるかというと、大濠公園のすぐ南↓



植物や動物の自然観測には適した場所です。



問い合わせ内容 "エアコンが動かない!"

社外活動を終え、暑くて死にそうな中事務所に戻ってきたばかりで受けた管理物件入居者様からのお問い合わせです。この時期エアコンの故障を想像するだけで汗が噴き出そうです。((((;゚Д゚)))))))

"クーラーが壊れて動かなくなりました。どうしたらいいでしょうか?"



数日前にも知り合いの家の寝室のエアコンが故障して業者の手配に時間がかかり1週間待ったと聞いていました。そうこの時期特に今年の夏はバカ暑いので、エアコンの新たな設置や故障の修理でエアコン業者の手が足りていないんです。

さて、先ほどの問い合わせの話に戻ります。通常、賃貸で入居の際に火災保険への加入と共に生活サポートサービスのプランへの加入をして頂きます。

サービス名は会社によって様々ありますが、内容や金額はほぼ同じで、月額600円~800円位、専用ダイヤルがあり日常生活でのトラブルに24時間初期対応できるサービスです。因みに当社の場合は"ホームマイスター24"というものに加入して頂きます。

問い合わせの方は、当社が管理で関わる以前から入居されている方なのでこのサービスに加入していない方でした。

この場合、修理業者を呼ぶ流れはどうなるかと言うと

管理会社にトラブルの連絡

担当者が専門業者を選定(値段交渉や相見積もり)

オーナー確認

お客様と業者の日時合わせ

修理



・・・と手間と時間がかかります。緊急の場合は例外として、オーナー確認が入りますので、オーナーが勤務中であったり夜中など、すぐに連絡が取れるとは限りません。

しかし、管理会社に設備の故障について相談でも報告でも連絡することは正しい選択です。

実際には契約書の中に、その設備(今回はエアコン)が故障した時貸主と借主どちらが負担するのか、が記載されていますので、そこを確認します。



エアコンは何年経過していても、貸主の負担となっています。



故障の原因は?

この暑さの中、一週間もエアコン修理待ちをさせるわけにはいきませんので、さっそく対応にかかります。しかし、この手のトラブルって意外と簡単な原因だったりするものです。

①リモコンの電池切れ
→電池の種類を確認してコンビニまで走って買いに行く

②テレビのリモコンと間違ってた
→落ち着いてリモコンの種類を確認する(大抵、ベッドかソファの脇に挟まっています)

③リモコンと本体の通信エラー
→本体の電源プラグを一度抜いてさし直してから電源を入れて下さい

④室外機が温まり過ぎ
→室外機の前の溜まっている物たちを撤去して、しばらくして再稼働して下さい



そもそもエアコンの寿命だったり、中の基盤の故障となると、取り替えるか部品の交換が必要なので専門業者を呼ぶしかありませんが、まずは①~④を考えてみてください。

この入居者さんの場合、③でした。提案をして数分後に"直りました!"のメールでのご連絡があり、業者の手配をしないで済みましたし、こちらも安心しました。(^_^)

エアコンの故障が緊急かどうかは議論の分かれるところですが、この暑さですので生死に関わると言ってもいいでしょう。フィルターの掃除など日ごろのメンテナンスも重要です!みなさんも定期的にお掃除を!賃貸物件にお住まいの方は、お時間があるときに、契約書の方も確認しておくとよさそうです。

暑い日が続きますが、夏バテしないよう水分と滋養を取って乗り切りましょう!



前川和俊

不動産売買デベロップメント(株)一社員 開業支援のコンサルティング会社を経て、個々の独立開業のお手伝いをしてきました。 不動産との係わることはこれまでにもありましたが、本業として不動産業に携わるのは初ですので、 業界の疑問点や改善すべき慣習にピュアに取り組んでいます。 福岡を主に九州他県や地方からの情報発信を行ってまいります。