【不動産には欠かせない司法書士】重信吉孝さんにインタビュー!

こんにちは、URUFU編集部です。(^_^)
不動産業、と言っても売買関連の分野ですが、何かと司法書士さんと関わることがあります。登記の名義変更や権利変更などの時に必要なのが司法書士さんです。物件の売買契約の時に同席してもらったりします。

空き家や相続の問題で今後もさらに活躍が期待される司法書士という職業やその業務について司法書士の重信吉孝さんに、その人となりも含めてお聞きしました。今後、業界のトピックなどを"URUFUの遠吠え"の中で分かりやすくお伝えして頂こうと思います!



まずはプロフィール



重信 吉孝(しげのぶ よしたか)
プラス事務所司法書士法人 博多オフィス所長
1983年生まれの35歳、鹿児島市出身、鹿児島大学法文学部卒。
福岡県司法書士会所属、家族信託普及協会会員。


【URUFUより】 僕、前川より年下だけど、しっかりした肩書があってすごい!鹿児島での学生生活を終えるとしばらくして、福岡に出てこられたそうです。学生生活が終わってウロウロしていた私とは違います。( ゚д゚)!!



趣味や好きな事

趣味:読書 (自己啓発本やビジネス、マネージメント関連の本)
   フットサル(社会人になってから始めてみました)
   ゴルフ(こちらもまだ初めて数年、2連続ブービー賞継続中!)

座右の銘:切磋琢磨、日進月歩



【URUFUより】
健康的な趣味ですね。不健康まっしぐらなURUFUメンバーとは大違いです!小説とかテレビドラマとか、あまり見ないそうです。あえて見るならアナザースカイなんですって!
昨日のテレビはあーだったとか、みんなでハマっている、おそらくタメにならない海外ドラマのしょうもない話をしているのを思い出して恥ずかしくなりました・・・(^_^;)



現在に至るまでの経緯

司法書士試験に何度も挑戦し、これで最後にしようと思った2011年に何とか合格できました。
ちょうど東日本大震災の年になります。翌年、現在所属するプラス事務所司法書士法人に入所し司法書士登録しました。

実は、大学時代は経済学部でして一般教養か何かのサブ的な講義で、法律とか司法について学んだ時に、知ってないと大変だ!と思ったことから、こちらの方面に気持ちが進み始めました!



司法書士になろうとしたきっかけ

手に職を付けたかったのが一番の動機です。法律に関わる弁護士なども進む道として考えたことはありましたが、弁護士は"助けるというよりも戦う(けんかする)"という世界で、司法書士は戦わないで済むように対応する"トラブル防止"という世界かなと思って司法書士の方に舵を切りました。町医者的な気軽に相談できる存在でありたいと思っています。



司法書士になって分かったこと

士業は究極のサービス業でなければならないこと。
士業の免許を取ったからと言って仕事になるわけではありません。
実際にトラブルを解決したり、トラブル回避のために問題意識を持って頂く、ということでやっとお仕事なわけです。

先生と呼ばれて勘違いしないよう、あくまでも皆様のお役に立つためのサービス業である意識を持って務めています。



司法書士業界あるある

住所は省略せずに正確に書く!

一般的に、住所を書く際は「福岡市天神1-2-3」のようにハイフンでつなげて省略した形で表記しますが、私たちは登記簿に正確な住所と名前を入れることが仕事なので、そこは手を抜きません!


【URUFUより】
不動産屋って見た目で結構分かりやすいんですが、司法書士は外から見ても同業同士でも分からないそうです。不動産屋って同じようなスーツとバック持って、あー同業だなってすごく分かりやすいです。



司法書士という職業で得したこと、損したこと



得したことは・・・、今の奥さんと結婚できたことですかね!損したことは特にありません。


【URUFUより】
奥様との出会いについてはもう少し詳しくお聞きしましたが、プライベート過ぎますので割愛します。素敵な出会いですので、司法書士じゃなくても、きっとどこかで出会ってたはずでしょう。



ご自身又は貴事務所の他社との差別化

弊社は福岡(天神、博多)、東京、熊本、長崎(佐世保)の5つの拠点で活動しております。グループには母体である司法書士法人以外に行政書士法人、土地家屋調査士法人、相続手続きに特化した「株式会社 プラス相続手続きセンター」、老人ホームへ入居の際の身分保証人となるサービス、お亡くなりになった後の事務手続きなどのサービスをご提供する「一般社団法人 プラスらいふサポート」があり、総読やシニア層の方々に対する業務にも力を入れております。



スタッフはグループ全体で約100名と西日本では最大級の士業事務所となります。私自身、近年では民事信託に力を入れています。民事信託は、財産管理、相続・事業承継に活用できる"究極の財産ツール"です。

資産管理、総読・事業承継についてトラブル無く安心した生活が送れる地域・社会を目指す為に、これからも実務に取り組んで参ります。



今後の夢、力を入れていきたい分野



司法書士という枠に留まらずに、今後は中小企業へ法務や労務のサービス、コンサル業で地域社会の発展に貢献したいと思っています。特に今後、医療・介護の分野には力を入れていきたいと考えています。


【URUFUより】
プロフィールにもうちょっとチャチャ入れたかったのですが、あまりにしっかりされていて突っ込み所がありませんでした。法律家ってやっぱりトラブル防止の専門家なんですね。
さて、今後は司法書士の観点から不動産に関わることや時事ネタなどを題材に時々"URUFUの遠吠え"に参加して頂きたいと思います。

プラス事務所司法書士法人 博多オフィス
【博多オフィス所長】重信 吉孝
【HP】http://plus-hakata.com
【TEL】092-461-7750
【住所】〒812-0012
福岡市博多区博多駅中央街8番27号 第16岡部ビル10F



前川和俊

不動産売買デベロップメント(株)一社員 開業支援のコンサルティング会社を経て、個々の独立開業のお手伝いをしてきました。 不動産との係わることはこれまでにもありましたが、本業として不動産業に携わるのは初ですので、 業界の疑問点や改善すべき慣習にピュアに取り組んでいます。 福岡を主に九州他県や地方からの情報発信を行ってまいります。