【最強サイト】いつまで〇〇〇サイトで不動産を探すんですか!!【ふれんず】

こんにちは。URUFU(ウルフ)の西村です(*^_^*)
不動産の購入・賃貸をしようとした時、事前の情報収集をどうのようにしていますか?
大手ポータルサイトを利用して物件情報を探して、その帯に載っている不動産会社に問い合わせしていますか?

不動産をお探しの方の約95%以上がこのように最初にポータルサイトを利用しているそうです。

不動産業務の仕事ができるできない以前に、パソコンができないと仕事の機会も得られない時代ですね。私も忙しい時に「FAXでお願いします。」と言われたら、はぁ( ゚д゚)??と思う事があります・・・。笑



不動産5大ポータルサイト

・スーモ
・アットホーム
・ヤフー不動産
・ホームズ
・オウチーノ

不動産の売買や賃貸に係わったことがある方は、この中の1つは必ず利用したことがあるはずです。
これらは閲覧が多いので物件情報を載せたり、広告を載せることで(ひっくるめて広告で)収入を得ています。

物件情報を載せている不動産会社は、これらのポータルサイト運営側に1件につきいくら又は一定数につきいくら、と宣伝広告費を支払っています。決して安い金額ではありません。

また、サイト上で正真正銘に物件を紹介するだけでなく、そこに"おとり物件"を忍ばせるという狡賢い手法をとることがありえます。

"おとり物件"
実際には存在しない又はすでに誰かが入居している非常に条件の良い物件を広告することで、お客様の問い合わせを釣り、店内に引き込んでから他の物件に誘導する手法です。(もちろん違法!)



純粋な物件の紹介ではなく不動産会社自体の広告というわけです。閲覧数が多いですし広告料も高いですから起きうる弊害です。WBSやバラエティー情報番組などで昨今取り上げられている話題ですが、決定的な証拠が見つけにくく終息は難しいでしょう。

また、掲載している物件の不動産会社の中には不動産オーナーから、直接、募集依頼されている自社物件ではなく、不動産オーナーから募集依頼されている不動産会社(元付け)から紹介許可を得て、さらに他の不動産会社が掲載されている場合があります。なんかめんどくさいですね!!

簡単に言うと又聞きみたいなもんです。みなさんも又聞きを聞くと話が大きくなっていたりして情報精度はかなり下がりますよね。
これと同じで情報精度の悪い情報が掲載されている場合が多くあります。

情報精度の悪い物件を見て、電話したり、現地に行ったり、時間を無駄にした経験はありませんか?



おとり物件が絶対にない「ふれんず」

私も福岡に来て初めて知りましたが、福岡には"ふれんず"という福岡独自のポータルサイトが存在します。他県の不動産従事者は知らないと思います。

"ふれんず"は公益社団法人、福岡県宅地建物取引業協会が運営する賃貸売買の不動産情報サイトです。
5大ポータルサイトと"ふれんず"の大きな違いは、運営元です。(ここ重要!)
5大ポータルサイトの運営元は法人企業、"ふれんず"は公益社団法人が運営元です。

運営元が違うことで物件情報にどのような違いが生じるのかご説明する前に、REINS(レインズ)をご存じない方へ、"レインズとは"の章を挟みますが、ご存知の方は"ふれんずのしくみ"の章へ飛ばしてお進み下さい。



レインズとは

レインズ
国土交通大臣の指定を受けた指定流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システム。宅地建物取引業者は、専任媒介契約(専属専任媒介契約を含む)を締結したときは、その目的物たる土地又は建物の売買すべき価格等の情報を、当該不動産の売買等の契約が成立したときは、当該不動産の取引価格等を、指定流通機構に登録・通知することを義務づけられている(宅地建物取引業法第34条の2)。

全国的な不動産取引情報の正確で迅速な管理のために導入されたシステムで、宅建業者間のみの情報交換ツールです。一般の方は閲覧できません。

取引の登録・通知は宅建業法に定められたことなので、その違反に対しては監督処分の対象となり、違反内容の重度によって業務停止などのペナルティーが科せられます。

一方、5大ポータルサイトへの登録、通知、削除などの情報が、悪意ある誤情報だったとしても、法的なペナルティーは存在しません。(不当表示などの問題は生じます。)そのため、昔の情報のままだったり、おとり物件の掲載が起こりうるわけです。



"ふれんず"のしくみと2つの利点

福岡県内に紹介物件を持つ不動産会社(福岡県宅建協会会員)は、"ふれんず"を通してレインズ登録が自動的に行うことができます。

情報登録はもちろん、価格改定後の情報修正、成約後の登録削除など"ふれんず"サイト上で行うことでレインズにすぐに反映されます。5大ポータルサイトにある情報の不正確性やおとり物件の潜伏といった問題点を排除している健全なポータルサイトと言えます。

もう一つ"ふれんず"が5大ポータルサイトより有効なサイトと言える利点があります。
先述の通り、レインズは国土交通省管轄の宅建業法に登録・通知の義務が定められた情報サイトで一般の方は閲覧できませんが、それと連動している"ふれんず"は一般の方も閲覧する事ができるので、明らかに5大ポータルサイトより情報の透明性はあります。



結構細かい検索ができる"ふれんず"

<ふれんず運営先>
【運営元】公益社団法人 福岡県宅地建物取引業協会
【住所】福岡県福岡市東区馬出1丁目1-13-10
【HP】http://www.f-takken.com
【TEL】092-631-1717

賃貸物件を探そうとする場合、まず希望エリア、賃料帯、間取りを条件として入れますよね。それから広さ、最寄駅徒歩分などが次の優先順位でしょうか。このへんの最低条件はどのサイトでも存在する条件項目です。

"ふれんず"では、その他の細かい条件を追加することも、又はそのニッチな条件のみであっても、入力し検索にかけることができます。

ちなみに福岡市内(7区)で"借りる(住まい)"で検索すると13500件の賃貸物件がヒットします。(刻々と数は変わります。)

【例1】舞鶴小学校と舞鶴中学校に通う2人の子供がいる家庭で、条件は校区は変えないままでの引っ越し先を見つけたい場合
それぞれ学校名を入力し、その他無条件で物件検索をかけると110件ヒットします。他の条件を入れていないので家賃4万円の1Kタイプから家賃45万円まで広範囲の物件数です。

【例2】絶対に温水洗浄便座は譲れないという人の場合
温水洗浄便座にチェックを入れて検索すると3976件出てきます。

同様にしてキッチン、収納、オートロック、ペット、階数、角部屋などこだわりのある部分に特化した条件検索が細かくできます。実際に街の不動産会社を訪れて担当者に尋ねる質問と変わりませんよね。

他の同様物件と家賃やスペックを自分で比べることもできるので相場感も分かってきて"不動産屋の言いなり"にもなりません。
街の不動産会社では、自社管理物件を積極的に紹介して契約に至ると両者(オーナーさんと賃貸人)から報酬がもらえるので、他社物件を優先的に紹介するのを嫌う傾向があります。

事前に自分で調べておいて、不動産屋都合の制約に縛られないことが大切です。



まとめ

福岡県内で、物件検索する時のポータルサイトは福岡県宅建協会が運営する"ふれんず"が有効です。その理由は、レインズと連携した情報の正確さ、情報の公正さ(公開性)、があるからです。

大手ポータルサイトの不正確な情報やおとり物件、街の不動産会社の話に惑わされないよう、事前の情報収集が後悔しない物件探しの第一歩です。

たまにサーバ固まったり、西日本レインズにしか登録されていなかったりするので、まだまだな改善点が見られるようですが、"ふれんず"全国版ができると当社が目指す不動産の透明化に一歩近づくので「ふれんず全国版」期待します。

ふれんずの広告みたいな記事になりましたが、当社も毎月の費用や年会費を宅建協会に支払っています。(高いのでもう少し安くして欲しいです。)
それでは皆様が、不動産を探す際に、よい情報収集ができますように!



西村博貴

不動産売買デベロップメント(株)代表取締役 宅地建物取引士 ソニー不動産を退職後、九州不動産業界の透明化を目指し2016年福岡県にて 「不動産売買デベロップメント」を起業。 両手仲介を行わない不動産売買の売却のみ専門に行うサービス「URUFU(売る不動産)」の運営を開始。 趣味は旨いもの探しと読書。