【福岡市7区の中古マンション価格ランキング】を調べてみた

こんにちは。URUFU(ウルフ)の西村です(^^)/!私自身、以前から興味はあったので、福岡市7区の中古マンションの平均価格について、独自調査してみました。
結構時間がかかってしまい疲れました・・・・ふぅ。(-_-;)


福岡市は7区で構成されている

福岡市は博多区、中央区、東区、南区、西区、早良区、城南区の7区で構成されています。東京は23区なので約4分の1程度ですね

ちなみにURUFU(ウルフ)の対応エリアも基本的に福岡市7区です。

20171203154639-409e93f3929f0ce70b0c59a893cab15ee205ec45.jpg


福岡市7区の売却中の中古マンション数

福岡市7区で現在売出中の中古マンション数は約3,400件ほどあります。

【1位】中央区  1090件
【2位】博多区  737件
【3位】南 区  546件
【4位】東 区  407件
【5位】早良区  304件
【6位】西 区  267件
【7位】城南区  110件
2017年12月4日現在


福岡市7区の地価(土地価格)ランキング

【1位】中央区  86万4857円/m2
【2位】博多区  54万4567円/m2
【3位】早良区  18万3585円/m2
【4位】南 区  16万6338円/m2
【5位】城南区  13万9840円/m2
【6位】西 区  10万2821円/m2
【7位】東 区   9万5482円/m2

福岡市全体 30万8868円/m2
中古マンション平均価格も同じ流れなのかな?と思いきや、比較すると面白い結果がでてきます。
ちなみに、社内では、1位中央区、2位博多区・・と予想。


福岡市7区の中古マンションランキング

20171203155916-3e916d8d6fc28db494d434a811416421ccf4669b.jpg

一位は早良区!!

なんと一位には早良区!百道(ももち)の高層マンションが売却価格を押し上げていると思います。
前回の記事にもちょっと紹介しましたが、若者に人気のエリアで福岡タワー、テレビ局、商業施設、高層マンションも多く立ち並んでいます。

特に百道(ももち)は埋め立てによってできた人口区画なので新しい街です。東京都で例えると湾岸エリアをイメージしていただくと良いと思います。

地価(土地価格)が結果に反するのは、福岡市の地図を見ても分かる通り、早良区全体が広いからだと思います。車で、出かけてみると、えっこんな山奥まで福岡市なの!?と感じるほど早良区は広いです。


なんと最下位には博多区

博多区は福岡で最も有名なアドレスですが、なんと売却価格最下位でした。
ファミリータイプ(2LDK、3LDK)のマンションより、単身者向け(1DK、1LDK)のマンションの比率が多く、広さが小さい為売却価格が低いと考えられます。

以前、博多区のマンションに住んでいたときも、一度も家族連れを見かけなかったなあ・・・


まとめ

福岡市7区の地価(土地価格)と中古マンション平均価格のランキングは全く違った結果となりました。

中古マンション平均坪単価で比較するとほぼ同じランキングだと思いますが。これについては次回調査してみます。(^^)

首都圏の中古マンション平均価格は3,145万円、福岡市7区全体の中古マンションの平均価格は首都圏より53.8%安1,693万と私の想定以上に低いものでした。

福岡県の人口は毎年右肩上がりに上昇しており、不動産マーケットも活況なので、まだまだ中古マンション価格が上昇する可能性を秘めていると思います。

これからも福岡県の中古マンション価格が上昇するような健全な不動産取引(片手取引)を行ってまいります。^^
では本日はこのあたりで失礼します。


西村博貴

不動産売買デベロップメント(株)代表取締役 宅地建物取引士 ソニー不動産を退職後、九州不動産業界の透明化を目指し2016年福岡県にて 「不動産売買デベロップメント」を起業。 両手仲介を行わない不動産売買の売却のみ専門に行うサービス「URUFU(売る不動産)」の運営を開始。 趣味は旨いもの探しと読書。