第49回衆議院議員選挙とAKB48総選挙

URUFUの前川です。

福岡は曇り空、雨空のどんより天気続きで、"過ごしやすい気候になったね"と言っていたのもほんの少しの期間でした。朝晩と言わず日中でも寒さを感じ冬物の洋服を急いで取り出す、そういう季節ですm(._.)m

選挙公示から10日程経ち選挙戦も後半戦を迎えていますね。福岡市内も家の近所や会社の周りも選挙カーが、候補者の名前を連呼しながら時折走っていきます。

私は今回福岡にて初めての選挙と言うことになります。そして選挙区は福岡2区に属することになります。『自民党』『希望の党』『共産党』の3党の候補者が争う今回の選挙の典型的な構図となっている選挙区であります。

福岡2区の有権者数

20171020105459-316174badf62ba89f3719e3dfce14d0b7a8cacff.jpg

前回選挙までは中央区、南区、城南区の全域の福岡2区でしたが、2017年区割り変更が行われ、南区と城南区の一部が別区へ振り分けられました。
前回の選挙(第47回衆議院銀選挙)の同区の有権者数は約45万人、今回の有権者数はこの数字から、2014年から2017年までの人口増減を合わせ、振り分けられた区域の有権者数を引き、18歳から20歳までの人数を足すことになります。福岡県選挙管理委員会によりますと約43.5万人(在外含む)ということです。

投票率は投票日の天候など毎回若干の増減がありますので何とも正確に予想することは難しいですが、これまでの傾向から想定すると50%といったところでしょうか。今回の選挙の実際の争点はあいまいですが、小池さんの影響もあってワイドショー的なメディアで多々の報道がされているので、おまけで2%足して52%と想定します。

43.5万人 × 52% = 22.6万人

福岡2区は22.6万票の獲得合戦ということになりますね!


選挙権

20171020105521-d6c49e2c653a834b5c754823f1528707eed7b88f.jpg

私の浅はかな世界史や日本史の過去の知識を基に選挙の歴史を簡単に述べると、古代ギリシャの直接選挙制から西欧の王権制度を覆して(血を流して)民衆が選挙権をやや獲得し始め、近代になるに従って徐々に選挙権の幅が広がった、との認識です。

日本は朝廷政治、貴族政治、院政やら武家政治の流れの後、明治になって初めて西欧文化を受け入れて選挙という概念や選挙権という権利がもたらされたのですが、戦後、アメリカ主導の下やっと成人男女に対して選挙権がもたらされました。"もたらされた"と表現しましたが、特に日本の場合、選挙権は勝ち取った、というものではなく"付与された"という歴史的な印象を強く受けます。

そのため、"選挙に行かないとダメだ"という真っ当な意見の一方"選挙に行かない権利"を主張する者もおります。確かに選挙は"義務"ではなく"権利"ですので、権利を放棄するのも自由ですし、選挙に行かないからと言って罰則はありません。人に挨拶をしないとダメです、といったマナーのようなものでしょうか。

今回から18歳以上の男女に選挙権がもたらされて初めての選挙です。全国で一番最初に不在者投票制度で投票したのが制服を着た女子高生だったというニュースも興味深いものでした。他の国を見てみると、18歳までに選挙権を持つ国は176か国もあり、中には16歳からという国もあります。

一応、北朝鮮人民共和国も17歳からの選挙権があるそう!つまり我々が一般的に考える

選挙権がある = 参政権がある = 民主主義国家

とは限らないわけですね!


選挙に行かない理由

20171020105542-6ade99fca12325f7dc9d7fb33b4834c1577d6ea7.jpg

歴史はともかく"せっかく選挙権があるのに行使しないのは損"みたいな考えもありますね。"せっかく割引券があるのに使わないなんて損"みたいな、あまり説得力はないですが・・・( ̄∇ ̄)笑

というわけで、そもそも選挙に行かない理由というのを考えてみました。

【1】選挙権がない

18歳未満だとまだ選挙に行けませんね。
程度はありますが重犯罪で投獄中の者は選挙権が奪われます。。自己破産者は選挙権がないと言われますが、なんと!実はあるそうです。


【2】面倒臭い

これはただの怠け者です。
これだけのIT社会になっている訳ですから、将来足を運ばなくても選挙できるようになるかも知れませんね。ぜひともネット投票式を求む!


【3】政治に興味ない

ある一定割合こういう者もいて当然ですが、この割合が多くなることは危険です。悟らないうちに選挙権(参政権)が制限される制度が作られているかも知れません・・・。


【4】現状の生活で満足している

社会体制が不安定な国ほど投票率は高いと言われているため、この理由で選挙に行かない人が多いというのなら日本は安定した国とも言えるかもしれません。今回の選挙に関しては、という条件付きならあり得る理由ですね!


【5】現状の生活、現在の与党に不満である

与党に反対する政党は選べるほどありますので、むしろ投票に行くべきです、行かない理由が分かりません・・・。与党不信任を国民が訴えることができるというのも選挙のもう一つの力となります。


【6】現在の選挙制度自体に反対で、行使したくない

戦後70年の中で、政治にまつわる社会状況の変化、人口分布の変化などもあり選挙制度もころころと変わっています。確かに改善しているのか改悪しているのか議論の分かれるところですので分からない考え方ではありません
被選挙権があるなら、代替案を掲げて出馬するか、現状を許している最高裁判所裁判官に国民審査で×をつけるなどはできます。参政権の行使自体を拒否する必要はありません。


選挙に行かない真っ当な理由を考えてみましたが、共鳴してもらえるような良い理屈を考え付くには至りませんでした。これほど長々とかきましたが!要は!該当者がいない場合であっても、白紙という意思表示をするために投票所に行くことは大事というわけです!!


AKB総選挙

ファンによるAKBメンバーの人気投票ですが、これを無理やり国政選挙に当てはめてみます。

AKBグループのメンバー⇨議員

票獲得数上位数名(神セブン)⇨内閣

神セブンのセンター⇨内閣総理大臣
(直接選挙なので大統領ということになりますが、日本と言うことで無理やり首相と)


AKBの選挙権

ご存知の通り、なにがしかの会員であることで選挙権は自動的に付与されており、会員でない国民は指定のCDを購入することで、内蔵してあるシリアルナンバーをゲットし選挙権が与えられます。なので、1人1票ではありません。CDを多く買うと、多くの投票権を行使できる、というものですね。年齢制限はありませんしファンである必要もありません。外国人も投票できます。

国政選挙ならば、財産を多く持っている又は税金を多く払っている人が多くの投票権を持つことができる、というかつての仕組みで産等選挙と呼ばれるものに近い制度です。


被選挙権

AKBグループのメンバー全員が被選挙権を持ち(海外組など一部例外はあるようです)、強制的に選挙されるというものでしたが、近年メンバーの意思を尊重して立候補制に変わったそう。

国政で言うなら、議員ではあるけど総理大臣や閣僚にはならなくていいわ、という人もいるし、我こそ総理大臣に成らんが為議員になったんじゃから立候補しまーす、という選択もできるという訳です。

メンバーは、チームA、チームK、・・・・に、それぞれ属しており、さながら政党のようなもので14か15のチームに分かれています。
開票の結果、トップ及び上位十数名が新曲の顔としてステージやテレビに多く出ることができる訳です。上位十数名の内訳は、上手いこと各チームに1名から2名と分散しており、新曲のメンバー構成は連立政権といったところです。


ここ最近では、チームH党の指原莉乃さんが第3次連立内閣という長期政権を担っている模様です。
スキャンダルはあっても実力がある人は一味違うことが良く分かりました。

実際は、秋元康さんがセンター以外の配置や役回りは考えているでしょうから、影の総理がいるような感じです。
ひと昔なら、田中□栄さんや金〇信さんがそういった立場でしょうか。総理大臣さえ決めてしまうので、まだAKB総選挙の方がファンが選べるという意味においては民主的なのかな。前述の選挙権の大元の問題はもちろんありますが・・。


まとめ

昨年選挙法の改正によって、70年ぶりに選挙権年齢の引き下げ(20歳以上から18歳以上)となり、大方の世界各国と同様となった訳です。実はこれより一足先に国民投票法の改正で憲法改正の投票が18歳以上となっています。

鉄砲伝来、キリスト教普及、ペリー来航、GHQ統治、外資参入・・・・日本は独自で動いている時はじっくりと長い時間をかけて技術を磨き伝統を育むという気質のある国民だと思っておりますが、海外からの接触により大きく方向転換するという、それが良きにしろ悪しきにしろ機動力も持った国民でもあります。

今回の国政選挙の争点は、本来は憲法9条についてであるはずですが、野党の混乱により選挙戦後半まで来て国民の間で憲法論議が深まったとは言えません。
そもそもこれまで論議する必要がなかった議題だったので議論しなかったし、自衛隊と軍隊について学校でもオブラートに包んだ学習しかしていませんでした。

白か赤かハッキリさせるのか、これまでのように曖昧にしておくのか、どうなるのでしょう。国内問題だけで済むなら曖昧のままにしておくこともできるかもしれませんが、対外的な問題なので、北朝鮮問題を機にどちらかハッキリさせるべきかと、、私は思います。

しかし、各党この点はっきり言い切っておりません。

20171020111257-fe196e216ff5f1ecc8ec2f5e0ca57eb87a52fbc2.JPG

総務省ホームページより

若年層は特に投票率が顕著に落ちていますね。
選挙に行かない理由は、政治に失望しているのでしょうか、興味がないのでしょうか、候補者が何の主張を掲げているか分かりにくいからでしょうか、はっきり主張してもすぐに意見を変えるからでしょうか。

AKB総選挙で投票しないで誰がセンターになってもいい、という人は投票しなければいいですが、その代わり指原さんがテレビによく出ることを文句言うべきではありません!日本の選挙も、お任せコースということならば、日本がどう変わっても文句は言いっこなしです。


最後に、選挙に行かない理由として1つ加筆すると、

【7】人に決めてもらう方が良い

自分で選んだ飲食店はいつもハズレ、方向音痴でいつも道に迷う、自分の選ぶ洋服はセンスが悪い、という人いますよね。だから和食でも洋食でもどっちか彼に選んでもらう、ナビに従う、妻に買ってきてもらう、という人。
意味のある他人任せという人です。

こういう人は白票でも投票に行った方が良いのですが、白票数にも該当者なしという意思表示と考えるなら少し違うので、大勢に任せる、という意味での無投票です。もちろん文句言いっこなしです。


あーあパスタが良かった、ナビで無駄に有料道路、赤色の服は派手だなー。
じゃー最初から自分で決めろよ!って怒られるのがオチですが。

前川和俊

不動産売買デベロップメント(株)一社員 開業支援のコンサルティング会社を経て、個々の独立開業のお手伝いをしてきました。 不動産との係わることはこれまでにもありましたが、本業として不動産業に携わるのは初ですので、 業界の疑問点や改善すべき慣習にピュアに取り組んでいます。 福岡を主に九州他県や地方からの情報発信を行ってまいります。