URUFUが不動産を高く売却できる理由

2017/06/27

URUFU(ウルフ)の売却メソッド

両手仲介の否定

現在の日本では、不動産仲介会社が「売主の仲介」と「買主の仲介」の双方を兼ねること( 両手取引(仲介)の問題点 )が可能です。 その結果、残念ながら「高く売る」ことよりも「自社で仲介すること(=買主からも報酬を得ること)」に重点を置く不動産取引が慣例となっています。

つまり、売り手側(売主)の要望を叶えるのではなく、自社の利益を追求した仲介取引を進めることが主流となっているのです。

URUFU(ウルフ)は不動産売却専門のサービスです。買主への仲介業務は行っておりません。

URUFU(ウルフ)は、売主様の利益を最大化する福岡の不動産売却専門サービス( 売却エージェント )として、積極的な情報開示やリッチコンテンツを活用し、売主の皆様の物件が、広く多くの媒体で紹介され、評価され、より高い価格で売却されるよう売却活動を推し進めます。

圧倒的な広告量

一般的な不動産仲介会社は、売却物件広告を「他の仲介会社には許可しない」ことが多いものです。

なぜなら、買い手側と売り手側の双方から報酬を得たい不動産仲介会社は、価格競争が起きてしまうことや(=市場においては健全な状態なのですが)、不用意に情報が広がってしまうこと(=多くの購入希望者から物件を吟味されること)を避ける傾向にあるからです。

これらはみな、自社の顧客の中から買主が現れるまでの時間を稼ぐ手段、いわゆる「情報の囲い込み(紹介拒否)」と呼ばれる行為である可能性が高く、売主様の利益を追求した売却活動ではありません。

福岡の不動産売却専門サービス URUFU(ウルフ)なら、多数の不動産仲介会社に広告掲載を依頼することが可能です。

大手不動産情報ポータルサイト「SUUMO(スーモ)」「アットホーム」「HOME'S(ホームズ)」をはじめ、売却物件周辺へのチラシ投函、新聞折込、地場の不動産会社の自社サイトなどへの広告掲載を積極的に行い、健全な価格競争を促し、最も高い購入希望価格を提示した買主を見つけ出します。

プロフェッショナル、そして親身な担当エージェント

福岡の不動産売却専門サービス URUFU(ウルフ)では、大手上場不動産企業の経験者・コンサルティング経験者・小売接客業経験者など、 豊富な経歴を有したメンバーが売主の皆様の代理人( 売却エージェント )として交渉に当たります。

売却活動の一環としまして、一般的な仲介会社では見落としがちな「リスク分析」や「不動産売却に関する最新トレンドのご紹介」なども行っております。また、税理士・司法書士とも提携しておりますので、売却にともなう専門的な税務・法務のアドバイスも可能です。

「安心」かつ「納得」の売却プロセス

福岡の不動産売却専門サービス URUFU(ウルフ)は、売主様だけの専属エージェント( 売却エージェント )です。他の不動産業者からの電話やしつこいセールスなども、詳細をお伝えいただけましたら、皆様に代わって可能な限りご対応いたします。

購入希望者への各種ご案内・窓口業務・価格交渉はもちろんのこと、売却成立までのスケジュール管理も行いますので、さまざまな思惑に振り回されることなく「安心」「納得」「着実」な売却活動を推し進めることが可能です。

西村博貴

不動産売買デベロップメント(株)代表取締役 宅地建物取引士 ソニー不動産を退職後、九州不動産業界の透明化を目指し2016年福岡県にて 「不動産売買デベロップメント」を起業。 両手仲介を行わない不動産売買の売却のみ専門に行うサービス「URUFU(売る不動産)」の運営を開始。 趣味は旨いもの探しと読書。